秋田の食文化

白神山地をはじめとする自然に恵まれた秋田県の食は非常に豊かです。あきたこまちに代表される米や、それを原料とするお酒、日本海の荒波にもまれて育つことで身が引き締まって脂が乗った魚や、栄養価の高い海藻、そして良質な食材を活用した多彩な郷土料理があり、「食の宝庫」と呼ばれてきました。また、世界有数の豪雪地帯である秋田では、その厳しい冬の生活で貯蔵・加工技術を発達させ、干物や漬物・発酵食品等の保存食が豊富であることも特徴的です。

きりたんぽ

きりたんぽとは、米をつぶして割り箸などに巻き付けて焼いたもので、秋田県を代表する郷土料理の一つです。秋に収穫された新米でつくられたきりたんぽと、ちょうど同じ時期に採れる舞茸やせり、比内地鶏などと一緒に煮込むきりたんぽ鍋は、秋田の秋~冬には欠かせない食文化。比内地鶏のだしがたっぷり出た醤油仕立てのスープは絶品です。

◎「きりたんぽセット」の注文ページを見る >
比内地鶏
比内地鶏は、名古屋コーチン、薩摩地鶏と並び、日本三大美味鶏として知られています。主に県北地域で飼育され、きりたんぽ鍋には欠かせない食材です。
せり
春の七草としても有名なせりは香りがよく、冬から春が旬といわれています。最後にきりたんぽ鍋に入れることで味を引き締め、鮮やかな緑色で彩りも良くなります。爽やかな苦みがあることも特徴的です。せりは根の部分も食べられ、シャキシャキとした食感を楽しめます。
だまこもち
実は秋田県の一般家庭では、きりたんぽ鍋にきりたんぽではなく、ご飯を丸めただまこもちを入れる家庭も多いのです。これはだまこ鍋と呼ばれています。きりたんぽ派、だまこ派、両方入れる派、やわらかくなるまでしっかり煮る派、煮すぎず食感を楽しむ派など、楽しみ方も様々です。

ハタハタ

ハタハタは秋田を代表する魚で、神の魚(鰰)と書きます。雷(神鳴り)が鳴るとやってくることからそう書かれると言われています。海が荒れて海水温度が下がることで、産卵するためのハタハタが岸に寄ってくるのですが、この産卵時期のハタハタは「季節ハタハタ」と呼ばれ、「ブリコ」を抱えたメスにはオスの数倍の値段が付きます。

ハタハタの中骨は、火を通すとスルスルと抜けてきます。魚は骨が苦手という方や小さなお子様でも、ハタハタは楽しく食べることができます。郷土料理のしょっつる鍋や塩焼き、唐揚げなど食べ方は様々です。保存食として三五八や味噌に漬けたり、寿司を漬ける家庭も多いです。

三五八(さごはち)漬け
三五八漬けとは秋田県や東北地方に古くから伝わる麹漬けで、塩・麹・米を3:5:8の割合で混ぜ合わせることからそう呼ばれています。野菜や肉、他の魚を漬けることもできますが、特にハタハタとの相性は抜群です。 ◎「三五八漬け」の注文ページを見る >
しょっつる
しょっつるとは、魚と塩でできた「魚醤」のことです。秋田の伝統的な調味料で、江戸時代初期から製造されています。ハタハタを原料にした秋田のしょっつるは、日本三大魚醤のひとつとされています。「しょっつる鍋」や「しょっつる焼きそば」等が有名です。
一夜干し
ハタハタの一夜干しは、ハタハタのエラと内臓を取り、塩水で洗ってから、風通しのよい日陰や夜に一晩熟成しながら乾燥させる製法等で作られます。一夜干しにすることでハタハタの旨味が増し、焼くと弾力のあるぷりぷりとした食感を味わえます。
ハタハタ寿司

ハタハタを米や麹と一緒に漬けるハタハタ寿司は、秋田を代表する郷土料理の一つです。寿司と言っても「握り」や「ちらし」ではなく「飯寿司」と呼ばれるものの一種です。

昔は保存食として各家庭で漬けていたそうですが、今はハタハタの漁獲量も減り、その伝統は失われつつあります。県内の加工メーカーが作ったハタハタ寿司は、贈り物として大変よろこばれています。

◎「ハタハタ寿司」の注文ページを見る >

関連商品

  • sagohachi八森産ハタハタ三五八漬880円税込
  • hatahatasushi-komochiハタハタ子持ずし4780円税込
  • hatahatasushi-kiriハタハタ切りずし3180円税込
  • hatahatasushi-1hikiハタハタ一匹ずし2980円税込
ぼだっこ

秋田県では、紅鮭・塩鮭は「ぼだっこ」と呼ばれ、古くから親しまれています。コンビニに「ぼだっこおにぎり」が存在するほど、秋田県では一般的なご飯のお供です。また、秋田県民は「たらこ」や「すじこ」といった塩干品も大好きです。贈り物としても大変よろこばれます。

◎「たらこ」の注文ページを見る >
佃煮

八郎潟で獲れた水産物を保存するため、秋田県の佃煮の文化が始まったと言われています。八郎潟は干拓によって大きく変化しましたが、その食文化は失われることなく秋田に根付いています。八郎潟周辺には、今も伝統の味づくりを受け継いだ佃煮屋がいくつも残っています。

◎「佃煮」の注文ページを見る >
がっこ

秋田県では漬物を「がっこ」と言います。秋田県では昔、長い冬の食卓が単調にならないように、様々な保存の技術が考えられました。その一つがたくあんを燻した「いぶりがっこ」です。秋田では今でも四季折々の旬の食材を「がっこ」にして、ご飯、お酒、お茶のお供として楽しまれています。

関連商品

  • sujiko-500g能代水産厳選すじこ3980円税込
  • mentaiko-500g能代水産厳選明太子 500g2780円税込
  • tarako-500g能代水産厳選たらこ 500g2780円税込
  • tarako-1kg能代水産厳選たらこ 1kg5980円税込